iPhoneで上手に写真を撮るコツ

iPhoneで上手に写真を撮るコツ

携帯電話・スマホを所有している人が増えていますが、ほとんどの商品に写真の撮影できる機能が付いています。カメラ付き機能が付いており、気軽にどこでも写真撮影をすることができるのは大きな革命といっても過言ではありません。まだ携帯電話が出始めたころには、とても思いつかなかったアイデアの一つと言えます。ただ、この写真を撮るときに問題になるのは、きれいに撮影することができない可能性があることです。人によっては、非常に上手に撮影をしますがiPhone等のある程度高性能なものを利用しても、なかなかうまく撮影できない可能性があるわけです。

 

では、一体どのように撮影すればきれいに映るかといえば、ロックを使うことでピントを合わせることができ固定すればきれいに写真撮影をすることが可能になります。明るさも、より明るくすることでイルミネーションが華やかに見えるのが大きなポイントと言えるでしょう。
二つ目は、光の向きを意識するときれいに撮影することができます。これは、屋外だけでなく室内でも同じことが言えます。通常外で撮影する場合には、逆光になってしまうと白っぽい写真になってしまう傾向があります。しかし、室内で作成するときには逆光よりも順光の方がきれいに映るといえます。わざと順光にすることで、印象的な写真撮影をすることができるにちがいありません。

 

iphone写真

 

被写体を撮影する時も、背景をぼかすことにより被写体をより注目することが可能です。通常の写真は、被写体以外にも背景を含めて一つの画像になりますが、相手注目させたい物や人がいる場合には背景をぼかすことにより注目することが可能になります。このためには、被写体をより意識してピント合わせなければなりません。可能なかぎり近づくことでこれを実現することが可能になります。それ以外でも、対角線構図と呼ばれる方法を採用すると美しい写真撮影が可能です。これは、被写体を斜めに配置し写す方法になりますので一度試してみると良いでしょう。

このページの先頭へ戻る